一般社団法人 日本救護救急学会


第2回 日本救護救急学会 学術集会 (終了)

第2回 日本救護救急学会 学術集会
学術集会:2016年11月20日(日)9:30〜17:00 
学術集会開催場所:品川シーズンカンファレンス(品川駅港南口)
         東京都港区港南1−2−70 品川シーズンテラス3階
大会テーマ 「ファーストエイドと救護救急体制の質の担保」

第2回大会会長   野口 宏 (愛知医科大学 名誉教授)
   

第2回日本救護救急学会 学術集会 開催要項
大会テーマ 「ファーストエイドと救護救急体制の質の担保」
開催日時 2016年 11月 20日 (日曜日)
受付開始・開場 9:00: 
学術集会 9:30〜17:00
開催場所 品川シーズンカンファレンス (品川駅港南口)
東京都港区港南1−2−70 品川シーズンテラス3階
参加費 日本救護救急学会会員 :4,500円
      学会非会員:6,500円

*日本救護救急学会会員登録はこちらからお手続き下さい。
(学会会員の年会費は入会日から1年間有効です。)

プログラム
(学術集会プログラムはこちらからPDFでダウンロードできます。)

受付開始・開場:9:00〜   (展示会場:9:00 開場)
__________________________________

9:45〜11:00
【シンポジウム1】
スポーツ分野におけるファーストエイドの取り組みと課題

座長:東海大学病院 救命救急センター 中川 儀英
「スクーバダイビングにおける意識不明者のレスキュー手順と一次救命措置」
株式会社ナウイエンタープライズ 和泉芳則

「東京都少年サッカー協会の救護体制の取組み」
国士舘大学 防災・救急救助総合研究所 喜熨斗 智也

「ラグビーシーンの救護救急の動向と展望」
千葉県ラグビーフットボール協会理事 安全対策委員長 寺谷 俊康

「マラソン大会等大規模集会における救護体制とファーストエイド」

厚生労働省健康局総務課 災害時公衆衛生チーム 長谷川 学

「ファーストエイドと医師法17条との関係」
太陽コスモ弁護士事務所 弁護士 村上 康聡
  
__________________________________
11:10〜12:30
【シンポジム2】
企業における救護救急体制の取り組みと課題
座長:一般財団法人 日本救護救急財団 喜熨斗 智也
「旅行現場における救護救急の事例、対応」
近畿日本ツーリスト株式会社 Johnny Fujimura

「旅行会社におけるお客様の不測事態に対する備えと課題」
株式会社ミキ・ツーリスト 小口 靖

「ALSOKの救護救急体制の取り組みと課題」
ALSOK東京株式会社 営業部 神保 正裕

「各企業における救護救急体制の取り組みと課題」
医療法人横浜柏堤会 戸田中央医科グループ 野 口 英 一

「海水浴場における救護活動実態調査およびライフセーバーと公的救助機関との連携について」
特定非営利活動法人日本ライフセービング協会 福島 圭介

「セグメンテーション別のファーストエイドプログラムの実施と教育効果」
一般財団法人 日本救護救急財団 山崎 明香

__________________________________
12:45〜13:15
【ランチタイムセミナー】   座長:京都橘大学健康科学部 西本泰久

   2020東京オリンピックに求められる熱中症対策
   −1996アトランタオリンピックHeat Planより−

演者 富山大学医学部 救急・災害医学講座 奥寺 敬 

共催:株式会社大塚製薬工場)
__________________________________
13:25〜13:45
【会長講演】 救護救急体制での「質」の担保
座長 一般財団法人 日本救急医療財団  島崎修次

演者:愛知医科大学  野口 宏 
__________________________________
13:55〜14:25 
【基調講演】 メディカルダイレクション体制の必要性 
座長 愛知医科大学  野口 宏

演者:国士舘大学大学院 救急システム研究科 田中 秀治
__________________________________
14:30〜15:20 
【一般演題】 
医療者が行うファーストエイドとメディカルコントロール
座長:国士舘大学大学院 救急システム研究科 田中 秀治
「多摩丘陵病院での取り組み」
多摩丘陵病院 田邉 陽祐

「救急救命業務の民間委託とメディカルコントロール体制」
日本救急システム株式会社  白川 透

「2025年に向けた救急搬送の将来像
京都橘大学 救急救命学科  北小屋 裕

「湘南鎌倉総合病院 救急調整室の取組み」             
湘南鎌倉総合病院 救急調整室 渡部 圭介

__________________________________
15:30〜16:40 
【一般演題】 
ファーストエイドの標準教育と教育の「質」の担保
座長:日本赤十字社医療センター 加藤 啓一
「体育系大学における保健体育教諭志望学生を対象とした実践的な救急処置教育の試み」
国際武道大学 清水 伸子

「QCPR実現に向けた大学教育による技術的・心理的変化の検討」
中央大学 理工学部 人間総合理工学科 遠藤 伸太

「マルチエージェントシミュレーションを用いたファーストエイド教育の有効性検証と目標値の設定」
早稲田大学 人間科学部 人間環境科学科 山田 悟史

「保育におけるBLS教育の現状と課題」
目白大学 人間学部  宮野 由紀子

「JPTECファーストレスポンダーコースの開発」
自衛隊大湊病院 清住 哲郎

__________________________________
16:50〜17:00
閉会 
  第2回 日本救護救急学会学術集会 大会会長 
  愛知医科大学 名誉教授 野口 宏
__________________________________
学術集会プログラムはこちらからPDFでダウンロードできます。
企業展示・共催
株式会社大塚製薬工業(ランチタイムセミナー)
株式会社CU 株式会社ジェイ・エム・エス 日本光電工業株式会社
レールダールメディカルジャパン株式会社 株式会社帝建
株式会社ピーキューテクノ レスポンダープロダクツジャパン株式会社
事務局 一般社団法人 日本救護救急学会 事務局
東京都千代田区紀尾井町3-31クリエイト紀尾井町1102号
TEL:03-6272-3388   FAX:03-6700-0819
E-mail: mail@jfem.jp     (平日10時〜18時)



Contents Menu

日本救護救急学会組織

学会会員登録・お手続き

お問い合わせ

過去の実施報告

日本救護救急学会公式Facebook

日本救護救急学会 事務局

〒102-0094
東京都千代田区紀尾井町3-31-1102
TEL:03-6272-3388 FAX:03-6700-0819
メール:mail@jfem.jp

一般社団法人 日本救護救急学会