風俗で必要な身分証は?押さえておきたいポイントを解説

風俗で働くうえで、身分証は切っても切れない存在です。

「発行するのが面倒くさい」と思ってしまいますが、必ず持っておく必要があります。
お店があなたを疑っているのではなく、身分証確認は健全に営業するうえで重要な過程なのです。

本記事では、「どんな身分証ならいいの?」や「もし身分証がない場合はどうしたらいいの?」などといった素朴な疑問について解説していきます。

風俗で働く際の参考にしてみてください。

風俗で働くのに身分証は必須?

結論から言うと、絶対に必要になります。年齢や国籍確認のために、何歳であっても身分証は用意しなくてはいけないと考えていてください。

面接の問い合わせをしたときには、「必ず顔写真付きの身分証明証を持ってきてください」と言われるはずです。

これはスカウトマンを通した場合でも同じです。まれに「身分証はいらないですよ」と言われることがあるかもしれませんが、悪質なスカウトマンなので注意してください。

入店の際にOKな身分証とNGなものがあるため、必ず確認しておきましょう。自分から「◯◯(身分証の種類)を持っていきます」とあらかじめ言っておくといいですね。

もし忘れてしまうとかなり面倒なことになるので、面接に行く際はきちんとバッグの中に入っているか何度も確認するようにしてくださいね。

知っておきたい風俗での身分証問題

では、本題の知っておきたい身分証問題について解説します。これから風俗で働く方、身分証がなくて困っている方も必見です。

お店によって若干ルールは異なる

身分証が必要になるタイミングや、必要なものなどお店によって少しルールが異なることがあります。

面接に行く際にはそのお店ではどのようなルールになっているのか確認しておきましょう。

よくあるのが、本籍地記載の住民票が必要になるかどうかです。

住民票はわざわざ役所に行く必要があり、発行するのにお金もかかります。不要なのに準備してしまうと無駄足になってしまうので事前に確認が必須です。

顔写真付きの身分証は必須

先ほど若干ルールが異なると述べましたが、顔写真付きの身分証は必ず要求されることになります。
例を挙げると運転免許証、パスポート、マイナンバーカードなどが有効です。

高校を卒業している18歳以上の方であれば学生証も使えことがありますが、こちらはグレーゾーンなのでお店に確認するようにしてください。

このように顔写真付きであっても身分証として使えないものがあるので、勝手に判断してしまうのは危険です。使えないものとして代表的なものは後ほど解説します。

本籍地記載の住民票も必要

顔写真付きの身分証に加えて、本籍地が記載されている住民票が必要になることもあります。たまに必要ないお店もありますが、最近ではほとんどのお店で必要だと考えておいてください。

本籍地は普通に住民票を取得するだけでは記載してもらえないので、必ず申し出るようにしてください。住民票発行の依頼用紙がある場合は「本籍地を記載する」という項目があるはずなので、チェックを入れましょう。

発行料は大体1枚300円程度です。これは市区町村によって異なります。何店舗か面接や体入に行くのであれば、まとめて何通か発行しておくのがおすすめです。

発行まで時間がかかるものもあるので注意

一番手っ取り早いのは原付の運転免許証です。1万円以内かつ1日〜2日で取得できてしまいます。原付免許を発行している運転免許センターに行く必要はありますが、最も早く取得できる身分証です。

時間に余裕があるならパスポート(2週間程度)、マイナンバーカード(1ヶ月程度)の発行を検討するのもいいでしょう。

パスポートはマイナンバーカードより発行までの期間が短いですが1万円以上かかってしまいます、海外旅行に行く予定がないのであれば、余裕を持って無料で発行できるマイナンバーカードを選択するのがおすすめですよ。

身分証が不要の店は違法店

まれに「身分証ゆるいです!」などとSNSなどでうたっている求人があるのを見たことがある方はいないでしょうか。身分証がない方にとっては魅力に感じるかもしれませんが、違法店の可能性大なので絶対に入店しないようにしてください。

こうした違法店は、18歳未満や不法滞在者を平気で働かせている場合があります。もちろん摘発の対象となるため、ある日突然職場を失うという事態にもなりかねません。摘発を恐れながら働くのも、あまりいい気分はしませんよね。

面倒でも、必ず身分証の提出を義務づけているお店で働くよう心がけましょう。

風俗の面接で使えない身分証は?

基本的には顔写真がついていないものは使えないと考えていてください。本人確認が取れないからです。

健康保険証、キャッシュカード、クレジットカード、年金手帳などが当てはまりますね。また、顔写真付きであっても有効期限切れのものはアウトです。

あとよく勘違いされやすいのが、顔写真がついていても公的な身分証でないものです。「taspoは身分証に含まれるの?」とよく間違える方がいますが、身分証とはみなされないので注意してください。

まれに健康保険証・住民票・卒業アルバムを組み合わせればOKというお店もありますが、危険なので入店しないのがベターでしょう。確かに卒業アルバムで本人確認ができて住民票で本籍地もわかりますが、正式なやり方ではありません。

もし身分証を忘れたらどうなるの?

では、もし身分証を忘れてしまったらどうなってしまうのでしょうか。どうなるかはシーンごとに異なるので、分けて解説していきます。

面接のみは可能

実際に働かないのであれば、身分証は不要のことが多いです。

即日体験入店をしたいときや入店時など、お店で働くことになった際に必要になるといったイメージです。

ちょっと気になっている程度で、「とりあえず面接だけ行きたいな」という場合は、後日持参してもOKです。ただ、面接をしていくうちにやっぱり働きたいと思ったときに困るので、持っておいて損はないでしょう。

体験入店は後日になってしまう

もし体験入店したい場合に身分証を忘れてしまうと、どうやってもできません。本人・年齢・国籍の3点が確認ができない場合は、働かせることができないからです。家に取りに帰るしかなくなってしまいます。

急ぎでお金が欲しいなら、身分証は忘れずに持参しましょう。もし持っていないなら、一番発行までの期間が早い原付の免許をとってしまってからお店に足を運ぶようにするといいでしょう。

体験入店であってもお金をもらって仕事をすることには変わりはありません。漏れのないようにしましょう。

出稼ぎの場合は取りに帰ることになる

出稼ぎの場合であっても、身分証を忘れると働くことができません。どれだけ遠方であっても取りに帰ることになってしまいます。「今回はいいよ」と言われたとしても、後々トラブルに発展する可能性があるのできっぱり「取りに帰ります」と伝えましょう。

出稼ぎで身分証を忘れてしまうと、スケジュールにも影響があるうえに交通費も無駄になってしまいます。もちろんその分の交通費は支給されません。とてももったいないですよね。

出発前に再確認をする、お財布の中にしまっておくなど絶対に忘れないよう工夫をしてくださいね。

まとめ

風俗で働く際の身分証の重要性についてわかっていただけたのではないでしょうか。

ほとんどのお店がきちんと身分証確認を行っていますが、中には女の子をとりあえず集めたくてろくに確認していない違法店も存在します。

「風俗で働くなら身分証は絶対!」と思っておいてください。

また、有効な身分証と無効な身分証についての知識もつけておくことで、「体入したかったのにできなかった」といったトラブルを回避することができます。

解説したことを参考に、スムーズに風俗で働けるように準備をしてくださいね。

風俗のお仕事でお悩みはありませんか?

「風俗のお仕事を始めてみたいけど、不安で一歩踏み出せない…」
「今のお店で全然稼げていないから、稼げるお店を知りたい…」
「出稼ぎに行きたいけど、どこのお店にすれば良いのかわからない…」

ナイトワークのお仕事はなかなか稼げるお店や良いお店を自力で探すのは難しく、下手な情報を掴んでしまうと非常に損をしてしまうような業界です。

ナイトブックでは、全国にあるナイトワークのお店と提携をしており、それぞれのお店において「どこが稼げるのか?」という情報を熟知しています。

「Twitterにいるスカウトマンは信用できない」
「求人情報も行ったら違うことを言われて信用できない」
「もっと稼ぎたいけど、どうすれば良いのかわからない」

などわからないことやお仕事の相談はぜひ、下のボタンからLINEへ相談してみてください!数千人以上が利用しているため「あなたに合ったお店」をご提案します!

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!
>ナイトワークのお仕事の相談を受け付けています

ナイトワークのお仕事の相談を受け付けています

ナイトワークのお仕事はなかなか信頼のできる情報を掴むのが難しい業界です。中には人を騙そうとしてくるような人もおり、しっかりと稼げる情報を掴むには労力がいると思います。ナイトワークのお仕事を相談できる方がいない方は是非ご連絡ください。しっかりと対応し、あなたが稼げるようにサポート致します。

CTR IMG